2014年4月27日日曜日

十勝ワイン 山幸マグナム・ダブルマグナム 販売開始



池田町独自品種「山幸(やまさち)」のダブルマグナム(3000ml)・マグナム(1500ml)
ハーフ(360ml)が4月25日(金)に発売されました。

「山幸」は池田で開発された耐寒性醸造用ブドウ品種で、十勝ワインの代表的な商品です。
フレンチオーク樽で1年間の熟成を経て瓶詰された山幸。
山ブドウ特有の野性味があり、しっかりとした酸味と果実味ある味わいが特徴です。

ワインは容量の大きい瓶で熟成した方がゆっくり熟成し、
最終的には小容量の物よりも優れた品質となります。

製造後10年が経過していますが、5年後10年後に卓越した味わいを
迎えるでしょう。
2004年に生まれた子どもがちょうど20歳になった時に
メモリアルワインとして飲んでいただいたりしても記念になりいいですね。

●山幸 ダブルマグナム 2004  200本限定製造 管内限定販売
●山幸 マグナム 2004   570本限定製造 管内限定販売
●山幸 ハーフ 2009  全国販売

ワイン城内「ワインショップ 十勝」でも販売しております。

ぜひお試しください!




    






















2014年4月25日金曜日

池田町観光オープン式が行われました

毎年観光シーズンが到来するこの時期に、池田町観光オープン式を行います。

池田駅の前には、ワイングラス型の?噴水が設置されているのですが、
オープン式ではこの噴水に本物のワインを投入し、グラスに注がれたワインを演出しています。

最後はワインかぶどうジュースが振舞われるので参加者の皆さんと共に乾杯します。

今年もたくさんの方々に起こし頂き、無事終えることができました。

これから本格的な観光シーズンの到来です!
今年も池田町観光協会は、来町される皆様にたくさん楽しんでいただけるよう様々な仕掛けを考案しています。
まだ池田町へ来たことがない方、しばらくワイン城へお越しになっていない方、それからゴールデンウィークの予定が決まっていない方も、是非!観光シーズンには池田町へお越しになってくださいね。

今年度もがんばります!!


「噴水にワインを投入」


「ワイングラスがピンク色に~♪」

2014年4月15日火曜日

補填作業

昨日、なかなか見れない作業に遭遇しました。
タイミングが合わないとこの作業をしている姿は見れないのです。
ワイン樽にワインを補てんしている姿をキャッチ!
ちょっと暗くて見づらいですが一つ一つ丁寧に補填しています。

ちなみに樽に入っているワインは樽材を通しわずかながら蒸発します。この蒸発でなくなったワインは1日おきに補填を繰り返しているんです。

この作業をしているときの熟成室はワインのいい香りが漂っています。
香りだけで、酔いそうです~♬






2014年4月9日水曜日

ぶどうの枝梢誘引始まりました


ぶどう畑の1年が始まりました。
ワイン城前にある展示ブドウ園(200本)で枝梢を針金にしばりつけて行く作業「誘引」が行われていました。
通常、ブドウといえば「棚」をイメージする方が多いと思いますが、ワイン用のブドウの場合「棚」ではなく「垣根」で作ります。
特に寒冷な地域ではできるだけ地面に近い低い作りとなります。
凍てつくような寒さを超えたブドウの樹からは、たくましい目が芽生え、毎年6月下旬~7月上旬にはブドウの花が咲きます。
千代田にある大きなブドウ畑もひとつひとつ手作業で行われます。とても手がかかる農産物ですね。

だんだん暖かくなってました。
桜が咲き終わったら、ブドウの花がお目見えです。
楽しみですね。

また随時お知らせしていきます。